1◆sRJYpneS5Y:2014/12/04(木)13:08:13 ID:???

【ワシントン=加納宏幸】ラッセル米国務次官補(東アジア・太平洋担当)
は3日、香港の大規模デモにつながった次期行政長官の選挙制度改革案について、
「中国が約束した『一国二制度』や高度な自治の維持がむしばまれている
兆候として懸念している」と述べた。

 (略)

 8月末に発表された改革案は、2017年に予定される行政長官選挙の候補者を
事前に選考するなど「初の普通選挙」とは程遠い内容となっている。

 ラッセル氏はこれについて、「民主化プロセスに対する重大な逆行」であると指摘。
普通選挙が実現することになれば「行政長官の正統性が強化される」とし、
中国などの圧力で候補者が排除されない仕組みを求めていくと強調した。

全文 産経ニュース
http://www.sankei.com/world/news/141204/wor1412040014-n1.html

◆◆◆ニュー速+ 記事情報提供スレ 9◆◆◆
http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1416403595/579


2名無しさん@おーぷん:2014/12/04(木)13:36:42 ID:aEX

待て待て、民主化する約束はなかった。五十年かけて香港を中共に同化させるのが返還時の条件だろ。屁っぴり腰のオバマの内にと急ぎすぎかも知れんが、共産党独裁制が社会をどうやって変えていくのか観察できるいいチャンスじゃないか。黙って見物して楽しめよ。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中