16564億円◆o8vqQW81IE:2014/10/14(火)06:54:10 ID:???

 20年に一度社殿や神宝などを新しくする式年遷宮が執り行われている伊勢神宮で10月10日、
内宮(ないくう)別宮の「伊佐奈岐宮(いざなぎのみや)」と「伊佐奈彌宮(いざなみのみや)」両宮で神様のお引越しに当たる「遷御(せんぎょ)の儀」が執り行われた。

 両宮は、「月読宮(つきよみのみや)」(伊勢市中村町)の境内に「月読荒御魂宮(つきよみのあらみたまのみや)」と合わせて4宮が並んで立つ。
同6日に月読宮と月読荒御魂宮で遷御の儀が執り行われ、これで4宮全てが新しくなった。

 昨年の10月2日と5日に伊勢神宮の内宮と外宮(げくう)の正殿、
同10日と13日に内宮別宮の「荒祭宮(あらまつりのみや)」と外宮別宮「多賀宮(たかのみや)」でそれぞれ遷御の儀が行われ、計8宮の神様がお引越しを終えたが、
これまで荒祭宮と多賀宮以外の6宮で台風の進路に悩まされてきた。しかしながら神業なのか?当日は、雨でぬれることなく無事に遷御の儀が執り行われている。

 昨年10月2日内宮正殿の遷御には、台風22号の進路が心配されたが東に進路を変え伊勢地方は特に雨の影響はなかった。
その日、皇居のある東京では台風通過後の気象条件が重なり、高さ634メートルのスカイツリーをはるかに超える大きな虹が掛かったという。

 最も心配したのは同5日の外宮正殿の遷御時。台風23号の直撃が心配されたが、幸い台風は北寄りに進路を取ったため最悪の事態を回避。
当日の天気予報では雨だったが19時30分ごろ少しだけ雨が降ったが傘を差さないでも問題ない雨量だった。
気象衛星が撮影した19時30分の台風の目の画像はハート型になっていた。さらに驚くのは遷御が終わったと同時に雨が降ったことだった。

(中略)

 遷御の儀など式年遷宮の大切な祭典の日時は、その日が最もふさわしい日として天皇陛下が決定する。戦後になってから、
ご神体が雨に濡れないように「雨儀廊(うぎろう)」が設置されるようになったが、第62回式年遷宮では今のところその役目は果たしていない。

 残す別宮での遷御の儀は、計7日で8宮。11月7日「瀧原宮」「瀧原竝宮」、11月28日「伊雑宮」、12月3日「風日祈宮」、12月10日「倭姫宮」、
2015年1月28日「土宮」、2月28日「月夜見宮」、3月15日「風宮」。雨儀廊が役に立つのはどの別宮の遷御の日になるのだろうか?

◎全文は下記からどうぞ(・ω・)ノ

伊勢志摩経済新聞 10月13日付け
http://iseshima.keizai.biz/headline/2151/


2名無しさん@おーぷん:2014/10/14(火)07:49:31 ID:vdnEppXFV

神業ですね

3名無しさん@おーぷん:2014/10/14(火)08:16:00 ID:ysI7AKjO1

偶然だろ

4名無しさん@おーぷん:2014/10/14(火)09:50:20 ID:GR6RNOILn

雨雲の通り道じゃない場所を選んで建てたんじゃないかな。
関東で竜巻が発生する場所は、いつもほぼ同じ地域。
その逆で、いつも大雨にならない(続かない)地域がある。

5名無しさん@おーぷん:2014/10/14(火)10:26:16 ID:czoSP0b2w

雨が降ったら降ったで「禊ぎの雨」って言い訳もできるけどね

6名無しさん@おーぷん:2014/10/14(火)12:13:51 ID:d6khdYnRd

皆既日食.月食でも大昔の人はビビりまくってたんだろうけど、こういうのは神業と思いたい。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中