1◆sRJYpneS5Y:2014/10/04(土)19:22:59 ID:???

※自称・超能力者のユリ・ゲラー氏がiPhone 6を曲げる動画が公開されている。

ユリ・ゲラー氏は、70年代から80年代にかけて、日本でも「スプーン曲げ」の大ブームを起こした、超能力者を名乗る人物だ。若き日のゲラー氏は、パフォーマンスの巧みさとカリスマ性で、多くの信者を世界中に増やした。

Uri Geller doblando cucharas en ‘Directisimo’ (1975)

ゲラー氏はこれまで、世界中のテレビカメラや否定派の学者の前で、腕力を使わず、超能力で無数のスプーンを曲げたと主張してきた。もっとも、このスプーン曲げを超能力であると認めているのはゲラー氏本人だけのまま30年以上が経過し、今では彼の超能力者としての真偽を問う意味はあまりない。

9月に公開された動画は、ユリ・ゲラー氏がスプーンではなく、なんとiPhone 6を曲げるという。手始めにスプーンを超能力で曲げてみせたあと、ゲラー氏はホストから数台のスマートフォンを手渡される、どれも曲げづらいと怪訝な表情だ。そこで、数々あるスマートフォンの中でも、強度的に不安視されているiPhone 6に挑むと、なんとiPhone 6は曲がってしまったのだ。

Uri Geller Tries to Bend the iPhone 6

動画を見れば分かる通り、曲がるiPhone 6は明らかにCG加工された合成映像だ。これは、強度的に脆弱と評価されているiPhone 6を、彼自身が20世紀のトンデモカルチャーの代名詞としてセルフパロディを演じてみせた格好というわけだ。

しかし、ゲラー氏は別の場所で、話題のiPhone 6、6 Plusの折れ曲がり騒動について「購入した1000万人の興奮がエネルギーとなって超能力を呼び起こし、それがiPhoneを折り曲げた」などと余計なコメントを語り、さらに「アップルは自分を広報担当者として雇い入れるべきだ」「そうすれば、iPhoneが曲がったのはアップルの責任ではないと全世界に向かって説明してみせる」と発言、自らの営業活動にも余念がない。

ちなみに、ユリ・ゲラー氏は、現在もブラックベリー派なのだという。

トピックニュース
http://news.livedoor.com/article/detail/9325003/


2名無しさん@おーぷん:2014/10/04(土)19:23:30 ID:???

曲げる以外に出来ないのか

3名無しさん@おーぷん:2014/10/04(土)19:30:08 ID:???

ユリさんをみるとジェリー藤尾を思い出すなぁ

4名無しさん@おーぷん:2014/10/04(土)20:39:54 ID:???

詐欺師。エセ手品師もどき。下手糞なマジシャンのまがい物。

ろくでなし以外の言葉が思いつかない。

マジック、超能力、両方に詐欺めいた泥をべったり塗り倒した糞野郎。

…デビューいきなり嘘トリックを見抜かれて、助手役の相棒シピとともにクビになった馬鹿。
マジシャンの風上にも置けず、超能力など微塵もないのは数十年前にアメリカの全米ネットワーク
「トゥナイト・ショウ」であからさまに暴かれてる。


5名無しさん@おーぷん:2014/10/04(土)20:57:22 ID:???

>>2
油田で大儲けしたり、CIAとつるんで儲けたらしいよ

6名無しさん@おーぷん:2014/10/04(土)23:02:17 ID:???

マッガーレ

7名無しさん@おーぷん:2014/10/04(土)23:32:18 ID:???

1970年代かよ

8名無しさん@おーぷん:2014/10/05(日)00:22:23 ID:???

>>3
明らかに
力で曲げたな
裏番長

9名無しさん@おーぷん:2014/10/05(日)00:47:53 ID:???

子供の頃、手首の筋が浮き出て力を入れてるのがバレないように、鏡でよく確認しながらフォークやスプーンを無理矢理に曲げる練習したな。

10名無しさん@おーぷん:2014/10/05(日)03:03:57 ID:???

エセサイキックのフォロワーを大量に生み出したしな…。
かつて欧米で大流行した降霊会詐欺に近いものまで。
こいつの害悪は計り知れないよ。

11名無しさん@おーぷん:2014/10/05(日)03:51:55 ID:???

>>10
まあ害悪も含めて文化だわ。
過去の文化の帰結に学ばないとしたら愚かだろうけど。

12名無しさん@おーぷん:2014/10/05(日)04:56:24 ID:???

>>11
過去の文化の帰結には、悪い意味で学んでると思う。
「嘘も百回言えば」の類でね。
それと、降霊術が広まった頃とは比べ物にならない、情報伝播力。

タダの詐欺師が「超能力者」なんて肩書きを詐取したのは、まさに情報社会の悪夢。


広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中