1こたつねこ◆AtPO2jsfUI:2014/08/26(火)16:30:15 ID:PfeRc3ytI

ポップアップ広告の開発者が謝罪–「最も嫌われているツール」

インターネットユーザーから邪魔者扱いされているタイプの広告を開発した男性が、
そうした広告を開発したことを謝罪している。

嫌われ者のポップアップ広告は、すべてのウェブ利用者にとって邪魔で迷惑な存在だが、
これをコード化したのがEthan Zuckerman氏だ。同氏は、ウェブホスティングサービスを
手がけるTripodのプログラマーだった1990年代半ば、ポップアップ広告の開発に取り組んでいた。
米国時間8月14日付のThe Atlanticに掲載されたコラムで、同氏は、こうした広告形態を
作り出したことに対して、少なくともある程度の責任を取り、その経緯を説明しようとしている。

(中略)

Zuckerman氏は、ポップアップ広告の誕生について説明する中で、Tripodの資金源となり、
同社が1998年にLycosに買収されるきっかけとなったビジネスモデルが広告だったと述べた。

「その過程で、広告主のツールキットの中でも最も嫌われているツールであるポップアップ広告を
開発するに至った。それは、ページに直接掲載せずに広告をユーザーのページと結びつける方法だった。
広告をページに直接掲載すると、自社ブランドとページのコンテンツとの関連を示すことになるのでは、
と広告主は心配していた。具体的な話をすると、ポップアップ広告を思いついたのは、大手自動車
メーカーのバナー広告がアナルセックスを賛美するページに掲載されてしまい、そのメーカーが
あたふたしていたときだ。私は、新しいウィンドウを開いてそこに広告を掲載するコードを作成した。
申し訳なく思っている。意図は間違ってなかったのだが」(Zuckerman氏)

↓全文を読む場合は以下をクリック↓
http://japan.cnet.com/marketers/news/35052472/

CNET Japan Lance Whitney (Special to CNET News) 翻訳校正: 矢倉美登里 吉武稔夫(ガリレオ) 2014/08/18 13:58


広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中