16564億円◆o8vqQW81IE:2014/08/13(水)00:15:22 ID:???

 代理人を務める中村和洋弁護士が発表した笹井氏遺族のコメント全文は次の通り。

 このたびは、STAP論文問題および笹井芳樹の突然の死去に関しまして、皆さまには多大なるご迷惑と混乱を引き起こしましたことを深くおわび申し上げます。

 1週間たった今も、私どもは心が混乱し、あまりに突然の出来事を受け入れることができないでおります。
深い悲しみとショックで押しつぶされそうです。
この半年があまりに長く、私どもも疲れ切っております。今は絶望しか見えません。

 理研(理化学研究所)およびCDB(発生・再生科学総合研究センター)の職員・研究者の皆さまには、このようなことになり、おわびのしようもございません。
皆さまの動揺を思うと、胸がつぶれるほどつらいです。
今は一日も早く、皆さまに研究・業務に専念できる環境が戻ることを切に願うばかりです。

 理研の先生方、職員の皆さまにはお一人お一人お会いしておわびの気持ちをお伝えしたいのですが、どうぞご無礼をお許しください。

◎全文は下記からどうぞ。

神戸新聞 8月12日付け
http://www.kobe-np.co.jp/news/shakai/201408/sp/0007230204.shtml


2名無しさん@おーぷん:2014/08/13(水)00:19:41 ID:v1wiZpXXJ

笹井氏と言う研究者を失ったことは日本にとって大きな損失
STAP細胞の件に関しては、確かに笹井氏に問題があった可能性は低くない
だが、彼にはその失敗を挽回するだけのポテンシャルが確実にあった
精神に異常を来たすまでに追い詰められた彼を保護できなかった事は理研の失策であり、日本にとっての手痛い失敗だ
惜しい
あらゆる意味で惜しい

笹井氏のご冥福を御祈り致します


広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中